仮想通貨とは

仮想通貨のイメージ

仮想通貨とはパソコンやスマートフォンなどから、インターネットを利用すれば誰でも利用が可能なお金のことです。暗号通貨とも呼ばれています。日本円やドルなどと同じく通貨として取り扱われ、情勢により通貨価格も日々変動します。仮想通貨には、紙幣や硬貨の実物が存在せず、国や銀行などの中央が管理するシステムがほとんど存在しません(管理が行われている仮想通貨も存在します)。

そのため、送金も銀行を介さずにインターネットがあれば世界中に個人間での送金のやり取りが可能です。電子マネーともよく混同されますが、電子マネーは企業や運営するサービスのひとつであり、サービスが終了すれば、その時点で電子マネーは価値が無くなりますが、仮想通貨は物が存在しないので、使用ができなくなるという期限はありません。仮想通貨には多数の通貨が存在しますが、そのなかでも世界的に注目を浴びており、一番知名度の高い通貨がビットコインです。

  仮想通貨 お金(円やドルなど) 電子マネー
扱い 通貨 通貨 サービス
現物 なし 紙幣と硬貨 なし ※1
運営 なし ※2 政府や中央銀行 運営企業
送金 インターネット 銀行を介しての送金 各電子マネーによる
価値 情勢により変動 情勢により変動 運営側が価格を規定
  1. ※1 金額チャージ用のプリペイドカードなどはあり。
  2. ※2 一部の仮想通貨では、発行、運営管理がされている通貨もあります。

ビットコインとは

ビットコインは2009年より運用が開始され、BTCという単位で円やドルのように呼ばれています。ビットコインには管理者は存在せず、コインの発行はマイニング(採掘)と呼ばれる作業を参加者が行うことで、新しく発行されます。発行枚数の上限は2100万枚と決まっており、2140年頃に上限を達すると予定され、上限に近くなるほど年間発行量も減り、4年毎に発行量が半減します。この上限の仕様により、需要以上のビットコインが世に出回る事が無く、市場価値の維持と需要による価格上昇が起きる仕組みとなります。そして、ビットコインには「ブロックチェーン」と呼ばれる技術が採用されており、この技術により強力な暗号性が生み出され、不正や数値の改ざんなどができず、参加者が平等に安全性と公平性を得られるシステムとなります。

ビットコインが生まれた理由は、ビットコインの生みの親、サトシ・ナカモトが現在の通貨システムに疑問を感じ、「本来、お金は誰かに管理されるものではなく、個人同士で自分の責任の下、やり取りすべきものである」と論文 で主張 が行われたことをきっかけに、ビットコインの開発が始まりました。仮想通貨には管理者や運営元が存在する通貨もありますが、ビットコインには管理者がおらず、開発元が利 益を上 げることを目的とした通貨ではなく、サトシ・ナカモトの主張 に同 意して 集まった人たちにより作られた通貨なのです。

ビットコインの入手方法

  • 仮想通貨の購入
    仮想通貨取引所、
    販売所にて購入。
  • マイニングで報酬を獲得
    マイニング(採掘)を行い、
    報酬として入手。
  • ビットコインの送金
    ビットコインを所有者より
    送金してもらう。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは「分散型台帳技術」と呼ばれる技術により、中央管理者がいなくても管理が行えるシステムです。管理者がいないため、参加者が不正をし放題 では ?と不安を覚え ますが、ブロックチェーンでは、参加者全員でデータの 保持、 共有がされる仕組みとなっているので、仮にひとりの参加者が不正をしても、他の参加者とのデータに 相違 が出るため、不正を行うことができません。ビットコインでは、取引履歴 をブロックチェーンで管理し、内容 も公開されているので、送金 履歴 の改ざんを行うことができない、極めて安全性の高い仕組みとなります。中央管理者が参加者に見えない不正を行うといった問題もありません。

また、ビットコインには公開鍵と秘密鍵 のふたつの 鍵が参加者に割り当てられており、公開鍵は銀行で例え るとこ ろの口座 番号、 秘密鍵 は暗 証番号のようなもので、参加者は公開鍵を使用してビットコインの送金を行い、送金された側は秘密鍵 を使って送金されたコインを 受け 取ります。秘密鍵 を公開しない限りは、ハッキングによってビットコインを盗ら れると言った心配もありません。

営業時間:平日10:00~18:00