マイニングとは

マイニングとは、第三者が仮想通貨の取引情報を記録・承認及び確認作業に参加し、ブロックチェーンの取引台帳を作成する作業のことを言います。一連の流れが金鉱を採掘、発掘するイメージに近いことからマイニングと呼ばれ、マイニングを行っているユーザーはマイナーと呼ばれています。

ビットコインの場合、取引履歴は取引台帳に記録され、約10分ごとに生成されています。この取引台帳の作成はマイニングによって行われ、作成には膨大な計算量が求められます。一番先に計算を処理し、台帳を作成したマイナーには、報酬としてビットコインが与えられる仕組みとなります。この報酬を得ることがマイナー達の目的であり、誰よりも早く台帳を完成させるため、高性能コンピュータ(マイニングマシン)を用意し、日夜、計算の競争を行なっています。管理者のいないビットコインの運営はマイニングマシンを提供するマイナー達によって支えられているとも言えます。

マイニングの仕組み マイニングの仕組み

一見すると、マイニングはビットコインを確実に得られる方法に見えますが、マシン購入費や施設代、稼働による多額の電気代がかかるため、個人では収益を得るのが難しいとされています。また、マイニングファームと呼ばれる工場規模でマイニングを行なっている企業や、投資家よりお金を集め運営を行なうクラウドマイニングなどの団体が参入しており、マイニングからの報酬を得るためには、大手と競合できるレベルでのマシンの準備や設備費用が必要となります。

マイニング事業比較

  個人(国内) クラウドマイニング マイニングファーム(海外) マイニングファーム(弊社)
特徴 施設やマシン購入などの初期費用がかかる。 会社や団体に投資を行う形で参加ができるので、知識が不要。 機械を購入し、工場へ管理を委託できる。 中小企業経営強化税制により、マシン購入費の一括償却が可能。
運営 騒音や熱などの対策、マシンの管理も個人で行う必要がある。 不要。 不要。 不要。
電気代 海外に比べ電気代が高価。 なし。 なし。 なし。
その他 知識習得、マシン管理など、全て自分で行わなければならない。
収益を求める場合は不向き。
実態が見えない会社も多く、詐欺などの事例がある。
仮想通貨の情勢が悪くなると、倒産するケースが多い。
現地の情勢や法の規制などで、運営が不安定。
言語の違いにより、適切なサポートが受けられない場合がある。
日本国内の施設で日本法人が管理するため、安心サポート。
※右へスクロールすると全体が確認できます。
営業時間:平日10:00~18:00